ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

ビデオエイペックスてしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

2016.09.08 |

音響機材

パワードミキサー PM802FX のエフェクト機能について

ミキサー

ミキサーとは何か

今回はミキサーPM802FXについてかんたんに説明したいと思います。
まずミキサーとは「マイクや楽器など複数の入力音声信号を混ぜ合わせ、音量や音色などの調整、切り替えを行うもの」で、下記のように3種類に分類することができます。

アナログミキサー
一般的なミキサーの大半がこれにあたります。
入力されたアナログ音声信号を、ツマミ、フェーダーで音量や音色を調整します。
デジタルミキサー
入力されたアナログ音声信号をデジタル変換し、デジタルデータとして処理が行えます。
フェーダーやEQなど音量や音色を記憶させ、瞬時に切り替えが可能です。
パワードミキサー
アナログミキサーにパワーアンプが内蔵されたもの。
ミキサーから直接スピーカーに接続して音が出せます。
※今回ご紹介するPM802FXがこれにあたります。

内蔵エフェクトの機能と種類

それではPM802FXに内蔵されたエフェクト機能について見ていきましょう。

image1

※UP DOWN でエフェクトの種類を切り替えることができます。

■内蔵エフェクト:24ビットデジタル、16プログラム

  • HALL1、2
  • ROOM1、2、3
  • PLATE1、2、3
  • CHORUS
  • FLANGE
  • DELAY1、2
  • CHORUS+ROOM1
  • CHORUS+ROOM2
  • VOCAL CANCEL
  • ROTARY SPEACAR

計16パターンのエフェクト機能が付いております。
コンパクトな外観にも関わらずパワーアンプ内蔵と16パターンのエフェクト機能も付いて、非常に優れた機材だというのがわかります。

それぞれのエフェクトの種類に関して

・HALL
コンサートホールなど広い空間での残響音効果
・ROOM
レコーディングスタジオなど狭い空間での残響音効果
・PLATE
鉄板などが振動した際に起きる反響音効果
・CHORUS
原音のピッチを微妙にずらして音を重ね、広がりをつくる
・FLANGE
【CHORUS】に比べ音のずれを小さくさせたもの
・DELAY
入力された音信号をデジタル信号に変換してメモリに記録させ、記録した音信号を遅延させて出力させる
・VOCAL CANCEL
LチャンネルからRチャンネルを引くことによりセンターを消した音
(ステレオで入力された信号をモノラルで出力となります。)
・ROTARY SPEACAR
スピーカー内部で隔てられた高音部と低音部を回転させて音を出す、通称「レスリー・スピーカー」に似たコーラス効果

※下記画像のEFFのツマミで各チャンネルのエフェクト音量レベルを調整可能です。

image2

音の聞こえ方などは個人差があり、「これはこうだ」と断言できるものではないとは思いますが、イベントやパーティーなどでミキサー【PM802FX】を使って、少し変わった演出をされてみてはいかがでしょうか?

ミキサー【PM802FX】のレンタルこちら

おまけ 基本的な入出力について

最後に音声の入出力端子について少しだけ解説して終わります。

PM802FX 入力

PM802FX 出力