ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

ビデオエイペックスてしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

2016.09.28 |

その他機材デジタルカメラ

結婚式やパーティーなどのイベントに「スマホdeチェキ SP-2」のご紹介

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%ad_mini

結婚式やパーティーには欠かせないインスタントカメラの「チェキ」。
今回はスマートフォンで撮った写真をワイヤレスでチェキフィルムにプリントできるスマートフォン用プリンター、「スマホdeチェキ SP-2」をご紹介させていただきます。

本体のデザイン

それではデザインから見ていきましょう。

image1

image2

シンプルで洗練されたデザイン

ボタンは電源とリプリントボタンのみ

image1

iPhone6との比較

とてもシンプルで、ボタンも少ないので操作もカンタンですね。
本体もコンパクトなので持ち運びにも便利です。

「本体にフィルムをセット」

プリントする前に、まずは本体にフィルムをセットします。
使用できるフィルムはフジフイルム インスタントカラーフィルム instax miniです。
※レンタルの際はフィルムの販売もご用意しております。

本体の裏蓋を開け、黄色の印を合わせてフィルムをセットします。
バッテリーをセットし電源を入れるとフィルムカバーが自動で排出され、本体側の準備は完了です。

image1

image2

本体裏の蓋を開けてフィルムをセット

電源を入れるとフィルムカバーが自動で排出されます。

スマホにアプリをインストールして本体と接続する

スマホにアプリをインストールします。

スマホ de チェキ(iPhone)
スマホ de チェキ(Android)

インストールが完了したら、アプリを起動し本体と接続します。

今回は、iPhoneでの接続をご説明します。
まずは、iPhoneの「設定」>「Wi-Fi」と進み、「INSTAX-********」(ここには本体裏面に記載されている数字が表示されます。)を指定し、接続します。
パスワードは初期設定の「1111」を入力。
これでスマホ側の設定も完了です。

アプリを使ってプリント

スマホと本体の接続が完了したら、いよいよプリントです。

アプリを起動すると下記の画面になります。

image1

アプリ起動後に表示される写真選択メニュー

プリントする写真を以下の4つから選択します。

  • 写真から選択
  • カメラで撮影
  • リアルタイムテンプレート
  • SNSから選択

今回は「写真から選択」と「リアルタイムテンプレート」からプリントしてみます。

「写真から選択」して画像加工

「写真から選択」を選びプリントしたい写真を選ぶと、下記左側の画面になります。
そのままプリントする場合は「プリントする」をタップ、画像加工する場合は右上の編集アイコンをタップします。

編集してプリントしたいので、編集のアイコンをタップしました。
すると下記右側の編集画面に切り替わります。

image1

image1

写真を選択後「編集ボタン」か「プリントボタン」をタップ

編集画面

まずは画面下にあるメニューから「画像調整」をタップし写真を縦にします。
次に「テンプレート」>「シーズナブル」>「HAPPY valentine’s day」を選択しました。
他にもお誕生日用、ハロウィン用のテンプレートもあります。

image1

image1

「画像調整」、回転と拡大縮小が可能

バレンタイン用のテンプレート

編集が終わったら、右上のチェックボタンを押して編集モードを終了し、「プリントする」をタップします。

image1

編集が終わったら「プリントする」をタップ

10秒ほどでプリントは終わります。
ちなみに下記の赤枠のLEDはフィルムの残量を表しています。

image1

フィルムの残量

次は「テンプレート」から「分割写真」を選んでみます。
こちらは数枚の写真を一枚のフィルムにプリントできるテンプレートです。

今回は2枚の写真を選んで分割します。
また、写真が少し暗かったので「フィルター」>「カスタムフィルター」から補正しました。

image1

補正前と補正後

補正前よりも美味しそうな写真になりました。

「フィルター」は他にも、自動でプリントに最適な補正をしてくれる「Intelligence Filter」、「モノトーン」、「セピア」があります。

sdc_08_mini

左から「フィルターなし」、「Intelligence Filter」、「モノトーン」、「セピア」

自動で補正してくれる「Intelligence Filter」はとても便利です。

リアルタイムテンプレート

続いてはトップメニューに戻って「リアルタイムテンプレート」を使ってみます。
「リアルタイムテンプレート」を選択するとカメラが起動します。
撮影すると「日付」「時間」「場所」「天気」が自動で表示されます。

image1

「リアルタイムテンプレート」で撮影

こちらも画像加工が可能です。

ギャラリー

最後に実際にプリントしたチェキをスキャンしましたのでご覧ください。

image1

image1

image1

image1

image1

image1

image1

image1

かなりの高画質ではないでしょうか。

スマホで撮影して、10秒でプリントできる「スマホdeチェキ」
レンタルはこちらからどうぞ
>>スマホ de チェキ2