ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

ビデオエイペックスの機材マスター「てし」監修による機材レビュー紹介ブログです

ビデオエイペックスてしの機材レポート

ビデオエイペックスの機材マスター「てし」監修による機材レビュー紹介ブログです

2016.11.14 |

プロジェクター

リア投映もかんたん!プロジェクターの設置モード切替方法について

title_rear-screen_projector
「リア投映できるプロジェクターはどれですか?」
といった質問をいただくことがあります。
一部の特殊なプロジェクター以外は、かんたん操作でリア投映も天吊投映にも対応できます!
今回は意外と知られていない投映タイプの切替方法をご紹介します。

さっそくPCの映像をスクリーンへ

projector_settingmode01
普通に投映しただけですので、PCの画面と同じものがスクリーンへ映っています。
リア投映にしてみましょう。

projector_settingmode02
拡張設定>設置モードと選び
[フロント]、[フロント・天吊り]、[リア]、[リア・天吊り]
からそれぞれ選択できます。

projector_settingmode03
こんな感じです。
知ってればかんたんですよね?

projector_settingmode04
ちなみにリア投映は本来ならばリアスクリーンの後ろから映すような設置となります。
今回は通常と同じく正面から投映しているため、映像は横方向に180度逆に映っています。

画面の向きはPCの画面と比較するとわかりやすいと思います。

projector_settingmode05
天吊にしてみました。
縦方向に180度、つまり上下逆になります。

projector_settingmode06
リア天吊にしてみました。
縦、横ともに逆になります。

このようにどんな投映方法へもかんたんにセッティングできるのです!!

またリモコンからショートカット的な操作方法もあります。
A/Vミュートボタンを約5秒間押し続けると、フロントのときはフロント天吊と相互切替が、リアのときはリア天吊と相互切替が、ボタン1つで行えます。
ぱっと切り替えたいときは便利な機能です。

まとめ

以上です。
とってもかんたんでしたね。
今回の記事を見ていただき、メニューからすぐ変更できると覚えていただけたのではないでしょうか。

プロジェクターやスクリーンのレンタルはビデオエイペックスレンタル館におまかせください!