ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

ビデオエイペックスてしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

2017.06.10 |

パソコン関連

【MacBook Pro】対応アプリによるTouch Barの変化

タイトル

Touch Bar付きのMacBook Proが発売されしばらく経ちますが、弊社でも入荷まで時間はかかりましたが、レンタルを開始することができました!

レンタル開始当初より大人気で出ずっぱりの当機種ですが、今回はこの機種の最大の特徴である”Touch Bar”について掘り下げたいと思います。

様々なアプリにおけるTouch Barの挙動

それでは、まずMacにプリインストールされているデフォルトアプリでの挙動(ほんの一部)を見てみましょう。(クリックで拡大できます)
※ちなみに、Touch Barのスクリーンショットはcommand+shift+6で撮ることができます。

Safari

タブを開くと、下画像のように開いているタブが一覧で表示されます。

safari_bar

指でスワイプすることで、シームレスにタブを切り替えられるので、これでタブを開きまくって目的のタブがどこに行ったかわからなくなってしまう癖のある人でも安心ですね。

カレンダー

これはかなり感動しました。
まずカレンダー.appを開くとTouch Barの表示が下のように変わります。

calender_bar

もう説明しなくてもわかりますよね。
スワイプすることで素早く表示されている月を切り替えられます。
先の予定を確認する際の煩わしい月送りの動作とはおさらばしましょう!

写真

photo_bar

旧iPhotoです。大体想像がつくかと思いますがこのような感じです。
最初はこのサイズでサムネイル表示はどうなんだろうと思いましたが、Touch Barの有機ELが思ったよりも解像度が高く、正直見やすいです。
ただ明るい場所で使用していると、もう少し明るさが欲しいと思いました。

Keynote

スライドショーを開始すると、このような表示に切り替わります。

keynote_bar

左側の緑の丸は、現在表示しているスライドの状態を表していて、動画など重めのファイルを読み込み中の場合は赤い丸で表示されます。
右側に現在時刻が表示されているのも嬉しいですね。

Pages

pages

フォントの形式や配置などをTouch Barから変更することができます。
また、左にある”本文”をタップすると、

pages_2

このように、文章のスタイルを変更することができます。

Numbers

numbers_1

”数式をタップすると・・・”

numbers_2

このように、よく使うであろう主な関数をタップ一つで入力できます。
ちなみに、iWorks関連のソフトウェアはTouch IDにも対応しているので、パスワード付きのファイルをTouch IDの指紋認証で開くことができます。

pages_touchid

これはセキュリティ的に嬉しい機能ですね。

GarageBand

音源を選択すると、Touch Barから各パラメータの調整ができるようになります。

garageband

Logic Pro XのTouch Barの挙動も見てみましたが、GarageBandとあまり変わらないようです。

Final Cut Pro X

FCPX_1

FCPX_2

FCPX_3

さすがにApple純正ソフトウェアは完全に対応しているようです。

Adobe系ソフトウェア

残念ながら、Adobe系のソフトウェアでTouch Barに対応しているソフトウェアは今の所ほとんどありません(2017年6月現在)
ですが、自分の確認した中ではPhotoshopだけ対応しているようなので紹介します。
(個人的にはLightroomに期待していましたが未対応でした)

Photoshop

PS1

PS2

PS3

このように、ナビゲータの拡大比率やブラシの設定など、細かい設定がTouch Barに表示されるようになっています。
今はまだPhotoshopのみの対応ですが、後々他のソフトウェアも対応されるかと思います。

まとめ

急ぎ足でTouch Barに対応している主要なソフトウェアを紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。
Apple純正のソフトウェアもいろいろ調べてみましたが、Touch Barの有効な使い方を探っているのか対応したソフトウェアが出て来るのはもう少し先になりそうです。
ただ、いろいろ使用してみて便利なのは間違いないと感じたので、早く他のソフトウェアも対応していただきたいですね。

最後に一つ、Touch Bar対応が素晴らしいソフトウェアをご紹介

最後に、僕が使用してみてTouch Barへの対応が素晴らしかったソフトウェアを一つ紹介して終わりたいと思います。

Davinci Resolve(カラーコレクションソフトウェア)

メディア画面
DR_media

エディット画面
DR_edit

カラー画面
DR_color_1
DR_color_2
DR_color_3
DR_color_4
DR_color_5

デリバー画面
DR_deliver

専門的なソフトなのでちょっと共感しにくいかもしれないですが、色を調整するために数値の微調整を繰り返すようなソフトウェアなので、カラーコレクション用のコントロールパネルが無くてもジョグを回すかのようにTouch Barで微調整できる操作性が非常に使いやすかったです。

ちなみに、Davinci ResolveのTouch Bar対応版はMacBook Pro(Touch Bar)の発売から1ヶ月程度でリリースされました。
サードパーティ製のソフトウェアの中でもトップクラスにTouch Barへの対応が早かったと思います。

以上、便利で様々な使い方ができるTouch Bar内臓のMacBook Pro、Touch Barのカスタマイズもできますので、是非レンタルして自分好みの使い方を見つけてみてはいかがでしょうか。

Touch Bar搭載のMacBook Proのレンタルはこちらmacbookpro-2600-154-mlw72ja-sierra_b