ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

ビデオエイペックスてしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

2017.07.26 |

パソコン関連

USB Type-Cの特徴と比較
そして従来のUSBを振り返る

タイトル

MacBookに搭載され話題になったUSB Type-C。
最近ではTouch Bar搭載のMacBook Proやカメラ、スマホにも採用されています。

今回はUSB Type-Cのまとめと、従来のUSBとの比較をしてみたいと思います。

USB Type-Cとは

USB3.1から新しく採用されたコネクタ規格です。

  • コネクタのサイズが小さい
  • 裏表がないのでどちらでも挿せる
  • オルタネートモード(DisplayPort出力、HDMI出力、Thunderbolt3、MHL)をサポート
  • USB Power Deliveryをサポート

等の特徴があります。

従来のUSBは、Aコネクタがホスト側でBコネクタがデバイス側と決まりがありましたが、Type-Cではホスト側もデバイス側もType-Cコネクタを使用できるようになりました。

紛らわしいですが、Type-Cとは「USB2.0」や「USB3.0」などの通信規格とは別で、コネクタの形状のことを指します。
つまりType-Cを採用しているからといって「USB3.1」、「オルタネートモード」、「USB Power Delivery」に対応しているとは限りません。
「USB2.0」にしか対応していないType-C搭載製品やケーブルもあります。

USB Type-Cの特徴

Type-Cの特徴を一つずつみていきましょう。

Point.1 リーバシブルでコンパクトな形状

大きさは横が8.34mmで縦が2.4mmとmicro-Bとほぼ同じ大きさです。

b-c_hikaku_01
・左:Type-C 右:Micro-B

表裏のないリバーシブルな形状になったので、今まで面倒だった「上下の向きを確認して挿す」という手間が省けますね。

Type-C_02
・USB Type-Cコネクタの形状。表裏がない。

Point.2 オルタネートモード

USB Type-Cはオルタネートモードに対応しています。
オルタネートモードとは、DisplayPortやHDMIなどの映像出力、Thunderbolt3、MHLなどUSB以外のデータを送受信できる機能のことです。
今までそれぞれのケーブルが必要だったのが、Type-Cケーブル一本にまとめることができるようになります。

Point.3 USB PD

USB PDとは「USB Power Delivery」の略です。
USB2.0では2.5W、USB3.0では4.5Wまでしか電力供給できなかったものが、USB PD対応のUSB Type-Cケーブルなら最大100Wの電力が供給できるようになりました。
また、双方向給電ができるのでPCからディスプレイに給電出来るだけでなく、逆にディスプレイからPCに給電することもできるのです。

コネクタ形状とUSBの通信規格

比較の前にUSBのコネクタが多すぎるので、一度まとめてみたいと思います。

USB2.0 Aコネクタ

まずはおなじみのAコネクタ。
通常ホスト側に接続するものです。一番よく見るものですね。

a

USB3.0 Aコネクタ

上と同じAコネクタですが、こちらはUSB3.0です。
形状は同じですが、端子が青いのでわかりやすいと思います。

a3

USB2.0 Bコネクタ

次にBコネクタ。
Bはデバイス側に接続するもので、通常のBコネクタはプリンターやプロジェクターなどについていることが多いです。

type_b

USB3.0 Bコネクタ

こちらはUSB3.0のBコネクタ。
形状がUSB2.0の物とは少し違います。こちらも端子が青いのでわかりやすいですね。
外付けのHDDなどに使われています。

type_b3

miniBコネクタ

maicroBと混同されやすいやつです。
デジカメやゲーム機に搭載されています。
USB3.0なminiBはないようです。

mini_b

USB2.0 maicroBコネクタ

こちらも見る機会が多いと思います。
スマホやタブレットなど多く使用されています。
Type-Cの登場で今後は減って行くかもしれません。

maicrob

USB3.0 microBコネクタ

変わった形なので覚えやすいです。
もはや、コネクタの大きさはマイクロではありません。
こちらの写真はデジタル一眼のD500に付属していたものです。
デジカメに使われているのでしょうか?

maicrob3

Nikon D500
d500_01

Type-Cコネクタ

そしてType-Cコネクタ。
コンパクトでリバーシブルなデザインは、今までのUSBはなんだったのかと思わせてくれます。
写真はGoPro HERO5付属のもので、先日入荷したGH5もType-Cが搭載されていました。
これからどんどん搭載製品が増えていくでしょう。

type_c

GoPro HERO5
gopro-hero5-black_01

DC-GH5
dc-gh5_01

USBの通信規格・給電能力

USBの転送速度と給電能力を以下の図にまとめました。
給電能力に関してはUSBの規格とは別に「給電規格」のようなものがあるようで、非常にややこしい状態です。間違いがあったらすみません。

USB規格名 仕様発表 データ転送速度(最大) 供給電圧 供給電流
USB1.1 1998年 12Mbps 0.5A 5V
USB2.0 2000年 480Mbps 0.5A 5V
USB3.1 Gen1 (USB3.0) 2008年 5Gbps 0.9A 5V
USB3.1 Gen2 2013年 10Gbps 0.9A 5V
給電規格
USB Battery Charging 1.2 最大1.5A 5V
USB Type-C
(C to C接続時)
1.5/3A 5V
USB Power Delivery 最大5A 最大20V

USB通信規格と給電規格が組み合わさるので、かなり複雑になっています。
USB Power Deliveryに対応したType-CケーブルでもUSB2.0 とUSB3.0があるといった感じです。

まとめ

電力供給からデータ転送、映像出力までType-Cケーブル一本にまとめることができるという夢のようなケーブル。
将来的にType-Cケーブルが普及するのは間違いないでしょう。
しかし、今現在Type-Cに対応した製品があまりないというのが現状です。
Touch Bar搭載のMacBook Pro等はUSB Type-Cコネクタしか搭載していないので、従来のUSB製品を使う場合は、変換アダプタが必要になります。

また、前述したようにType-Cケーブル・アダプタでもUSB2.0にしか対応していない物とUSB3.0対応の物、オルタネートモードやUSB PDに対応していない製品もあります。
規格外(56kΩの抵抗を使うところ10kΩの抵抗を使用しているなど、破損の危険がある。)のType-Cケーブルやアダプタも多く出回っているようなので、注意が必要です。

そしてこれ以上USBの規格が増えないことを願います。