ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

ビデオエイペックスてしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

2017.12.02 |

デジタルカメラ

SONY RX0を持って陣馬山を登る

sony_rx0

SONYの超小型スチールカメラRX0のご紹介です。
今回はコンデジとしての性能を確かめるべく実際に撮影した写真をメインにみていただきたいと思います。

アクションカムではありません

rx0_front
レンタルはこちら

まずは外観、GoProに似ていますが、SONYは「アクションカムではない」としています。
実際に、防水・堅牢性はあるものの、アクションカムの様な超広角も手ぶれ補正もありません。
そして、有効約1530万画素の1.0型センサーを搭載し、1/32000秒のアンチディストーションシャッターや16コマ/秒の高速連写が可能などからSONYの高級コンデジ、RXシリーズだということがわかります。

rx0_back

背面には1.5型のモニターを搭載しています。
これがかなり小さく、文字などは少し読みにくいです。
HDMIマイクロ端子を搭載しているので、外部レコーダーを使用すれば4K記録も可能です。(本体のみでは4K記録はできません)

登山のついでに実写レビュー

実際にRX0を持って紅葉を見に高尾山から陣馬山に行ってきました。
写真は全てRX0で撮影したものです。

午前10時30分ごろ高尾山口駅に到着。
平日でもケーブルカー待ちの行列ができていました。

高尾山口駅

今回はケーブルカー・リフトは乗らずに稲荷山コースで高尾山頂を目指すことにします。

稲荷山コース入り口

稲荷山ルートの中間地点にある展望台から撮って見ました。
天気も良く八王子から新宿まで眺めることができます。

あずま屋

高尾山頂に着きました。

高尾山頂

普通に登れば90分ぐらいかかるようですが、かなり飛ばして登ったため50分で着きました。
先ほどまでは晴れていたのに大分雲が増え富士山は見えず。。。
ですが、目的の紅葉は見れたのよしとします。

もみじ台

ゴールは陣馬山で、高尾山頂からは約9.8キロあります。時間もないので紅葉を楽しみながも先を急ぎます。

登山道

登山道わきの紅葉

城山茶屋
途中の茶屋で休憩。

相模湖
相模湖も綺麗に見えました。

小仏峠のたぬき
小仏峠頂上の狸の置物。

山々
山が所々色付いていて綺麗です。

高尾山まではあんなに人がいたのにこの辺から人とすれ違わなくなりました。
静かな山に一人でいると少し不安になってきます。。。
段々暗くなってきたので少しペースをあげます。

何かの木

高尾山口駅から歩くこと約5時間、ついに陣馬山頂に着きました!
陣馬山のモニュメント

曇ってる&暗くなってきたので景色はよくわかりませんでしたが、「かながわの景勝50選」に選ばれるほどの絶景なんだそうです。
陣馬山からの景色

実際に使って見て

ポケットに入れて歩いていたのですが、持っているのを忘れるほど小型・軽量なので全く邪魔になりません。
それでいてスマホやアクションカムよりも数段上の画質で撮影できます。
ポケットに入れておき、さっと出してパッと撮れる。それでこの画質なら個人的には満足です。

ちょっと残念な点は、やはり手振れ補正はあった方がいいなと思いました。
今回も手ブレしている写真が結構あり、帰ってパソコンで見てがっかりしました。
小さいモニターではちゃんと確認できないので数枚撮っておくといいかもしれません。

SONY RX0のレンタルはこちら
rx0_front