ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

ビデオエイペックスてしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

2018.04.11 |

デジタルカメラ

RICOH THETA Vを使って店舗の魅力をアピール!

thata

今回のブログは、 RICOH THETA V で撮影した360度画像と Googleマイビジネス を使って、レストランやカフェといった飲食店、美容室、雑貨を扱うお店など、店舗の魅力ををより詳しく伝えることができる方法をご紹介します。

物件サイトでは部屋の中を360度の画像で閲覧できるものが増えているのはご存知でしょうか?
間取り図や部屋の各箇所の画像といった平面的なものだけではなく、立体的に360度部屋内部を見れることで位置関係、距離感がわかりやすくなり、見てる人により具体的なイメージを持って頂けるので、凄く効果的です。

皆様の店舗もWeb上に立体的な画像も加えて提供することによって、お客様へどういった店舗なのかということをより詳しく伝えることができます。
そしてお店の中が事前にわかることで、お客様が店舗に脚を運び易くもなります。

今回ご紹介する方法はすごく簡単に店舗の360度画像をWebに公開できる方法です。
360度カメラでは一番認知度が高く、使い方もとてもシンプルな「RICOH THETA V」を使用します。
この機材は、地図サイト、映像作品、それこそ物件の紹介サイトの撮影にも使われています。

ricoh_theta_v_01

使い方は、まずスマートフォンにアプリをインストールし、アプリの案内に従ってRICOH THETA Vとスマホを接続すれば、あとは写真を撮影する要領で撮影できます。
まず、RICOH THETA Vで撮影した360度の店舗内の画像をご用意ください。

アプリのダウンロードはこちら

弊社東京・中央営業所の店頭を撮影しました。(画像クリックで操作可能ページへジャンプします)
ricoh-theta-image

次にGoogleマイビジネスからの画像のアップロードの説明に移ります。
すでに店舗アカウントをお持ちで運用されていらっしゃる方も多いと思いますが、オーナー認証をされたGoogleマイビジネスのアカウントをご用意ください。
実際にアカウントを運用をしている弊社の「東京・中央営業所」をGoogleでするとパソコンのブラウザだと画面の右側に大きく表示されます。(赤い枠内)

マイビジネス紹介

スマートフォンの場合だと、通常の検索結果と一緒に表示され、スクロールをすると画面いっぱいに弊社の登録したビジネス情報が表示されます。

Screenshot_20180308-202926

Screenshot_20180307-182848


アカウントのオーナー認証がお済みでない場合は、Googleの検索でご自身の店舗を検索してみてください。
オーナー認証がされていない場合は、マイビジネス枠に下記画像のように表示が出ますので

マイビジネスの登録2

「情報の修正を提案 · このビジネスのオーナーですか?」をクリックして、案内に従ってGoogleマイビジネス上でオーナー認証を行ってください。

それでは、撮影をした360度画像のアップロードしましょう。
まずGoogleマイビジネスの管理画面から、写真→店内を選択して、「+」を押して、アップロードする画像を選択してください。(星印参照)

マイビジネス
アップロードが完了すれば、準備OK!
Googleマイビジネス上で360度の画像を確認できるようになります。

ビデオエイペックス東京・中央営業所 のマイビジネス360度画像はこちら。

通常の検索画面からでも360度の画像を見ることができますが、Googleマップだとひと目で確認ができる場所に表示されます。

(弊社例)
中央

いかがでしょうか、専門的な知識が無くても簡単にできると思って頂けたのではないでしょうか。

360度の画像は、何枚もアップロードすることができますので、いろいろ撮影をして店舗の魅力を隅々までアピールしてください。

もう一つRICOH THETA で撮影した360度の画像を使ってのアピール方法をご紹介します。
スマートフォンの「ストリートビューアプリ」を使いますので、まずは アプリをダウンロード します。

ストリートビューアプリを起動し、カメラマークをタップしてください。
加工Screenshot_20180320-202656
360度写真のインポート → ご希望の画像を選択します。
画像をアップロードして、アプリ上で店舗の場所と紐づけをします。

この作業が完了するとパソコンブラウザのGoogleマップで、ストリートビューの人形のマーク(名前は、ペグマンと言います)をつまむと青い丸が表示されるようになります。

ペグマンやり直し

そのまま「ペグマン」を店舗の青い丸まで移動をさせます

ペグマンやり直し2

すると、赤丸の中の画像がアップロードした弊社の店舗画像に切り変わります。
そこでペグマンを離せばそのまま弊社の店内画像を見て頂けます。
これだとを弊社を探しているお客様だけではなく、Googleマップ上で他の何かをを探してる人にも見て頂けるチャンスがでてきます。

1Fにある店舗でしたら、通りかかった人に中を覗いてもらえるチャンスも多いですが、2階以上であったり、また地下の店舗の場合はそのチャンスはとても少ないです。
今回紹介した360度画像を使っての店内の雰囲気をアピールする方法は、店舗が1Fになくてもハンディはありません。ぜひこちらもご活用ください。

最後にGoogleマイビジネスとは、自社ビジネスを簡単にアピールすることができる無料ツールです。
営業時間や住所、電話番号などビジネスに必要な情報を登録できますし、投稿機能を使えば、イベントや商品、サービスなどの紹介ができたりもします。
店舗のウェブサイトを新規で作り、維持と管理をするのは手間も費用も掛かりますが、Googleマイビジネスは高度な知識や多大な労力を必要としないので、まずはGoogleマイビジネスを活用して、店舗をアピールしていくのもいいのではないでしょうか。

今回は、360度画像の掲載方法の案内をしましたが、ご自慢のメニューや商品を撮影し、写真をたくさん掲載することもできます。
そういった撮影をする時には、弊社のデジタルカメラ、レンズのレンタルサービスをご利用頂けましたら幸いです。

デジタルカメラレンタル

デジタルカメラレンズレンタル