ビデオエイペックス

menu

てしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

ビデオエイペックスてしの機材レポート

レンタル館の機材マスター「てし」が監修する、カメラやレンズ、そのた映像機材のレビューや使い方紹介を行っているブログです。作例や使用感なども豊富に掲載しています。

2018.09.04 |

映像周辺機器その他機材

LEDライトVLP-9000X VLP-12500XP 何が違うの?

まずはこちらをご覧ください。

9000_12500赤白_99%_比較

明るさが違うのが分かるでしょうか?

今回は、
「VLP-9000XとパワーアップしたVLP-12500XPの違い」を
テーマにご紹介いたします。

では、詳しく見ていきましょう。

 

それぞれの主な仕様

VLP-12500XP

vlp-12500xp_01

VLP-9000X

vlp-9000x_01

光源 白色LED600個
橙色LED600個
高輝度白色LED 600個
色温度 約5000K~3200K範囲内 約5500K
照度 約3000Lx/2m(中心照度) 約25,000Lx/50cm
6,300Lx/1m

 

取扱説明書があるので、初心者でも安心

それぞれ取扱説明書を一部抜粋したものがこちら

9000_取説_修正3_拡大

12500_取説_3_拡大

 

比較する上での検証条件

・弊社ビルの屋上で夜21:00頃に撮影
・被写体として機材を梱包するプラスティック段ボールを置きました
・照明と被写体の距離は 約8m
・シャッタースピード:1/8、絞り:F3.5 、ISO:100 にて撮影

 

では、細かく比較していきましょう

今回は、1灯での比較をします。

まずは何も照明をつけていない状態がこちら。
「0%」

照明なし

VLP-9000X と VLP-12500XP(白色のみ)の比較

「50%」 9000_12500_50%_白比較

「80%」

9000_12500_80%_白比較

「99%」

9000_12500_99%_白比較

ほとんど同じ明るさです。
VLP-12500XPの方が少し青い色味となっています。

VLP-9000X と VLP-12500XP(橙色のみ)の比較

「50%

9000_12500_50_赤比較

「80%」

9000_12500_80_赤比較

「99%」

9000_12500_99_赤比較

橙色LEDは温かな色味ですね。
明るさに関しては言えば、同じ数値でもVLP-12500XPの方が少し暗い印象です。

VLP-9000X と VLP-12500XP(白色+橙色)の比較

「50%」 

9000_12500_50_赤白比較

「80%」

9000_12500_80_赤白比較

「99%」

9000X_12500XP赤白_99%_比較

明るさに大きな差が出てきました。
VLP-12500XPの方が多くのLEDを使用している分、
明るくなっています。

光源の違い

VLP-9000X 高輝度白色LED 600個

 

VPL-12500XP 白色LED600個 橙色LED600個

VLP-12500XPは、白色LEDと橙色LEDが単独で点灯し、
色が混ざるようなつくりであることが分かります。
より多くの色味を出すことが可能となっています。

フィルターを使用

どちらの機材にも、
光をやわらかくする「ソフトンフィルター」
色温度変更をする「アンバーフィルター」
が付属しています。

 

サイズの違い

本体サイズ1

 

注意事項

バッテリー駆動する場合

●VLP-12500XP
バッテリーは2個でも動作しますが、色温度5000K(白色)か3200K(橙色)どちらかの点灯になります。
バッテリー1個では点灯しません。

●VLP-9000X
バッテリーは1個でも動作しますが、明るさは半減します。

 

>どちらも「ソニー L バッテリー」にて動作します。
レンタルの際はバッテリーは付属いたしません。
必要な場合には、別途オプションとなります。
ご注意ください。

オプション:大容量追加バッテリー NP-F970

動作音

●VLP-12500XPには、冷却ファン動作音があります。

電源がONになっていれば、数値に関係なく動作音は同じ音量で聞こえるのが分かります。

●VLP-9000Xには、ほとんど動作音はありませんが、状況によってはファンの音が収録される可能性があります。

どちらも近くにマイクがあると、音を拾ってしまう恐れがありますので、テストしてからご使用ください。

スタンド装着時の違い

「ダボ」と言われる、灯体とスタンドを接続するアダプター形状の違いにより、それぞれ出来る動きが異なります。

アダプター

VLP-12500_回転画像

 

VLP-12500XPは、

横への動きのみ。

 

     

VLP-9000X_傾き画像
VLP-9000Xは、

  横への動きに加え、

  縦の動きにも対応。

 

VLP-9000Xは、より多くのシーンに合わせて動かすことが可能です。

※記事を書いている際は上述のとおりでしたが、VLP-12500XPにも雲台を付属しましたので、縦の動きに対応しました!

 

VLP-12500XPにはパワーアップした便利機能が追加

本体操作でも連動動作が可能
同じチャンネル(ch)にした灯体と灯体で、リモコンのように1台の操作で、複数台の操作が可能となります。

点灯状態(調光)を記録
SETボタン長押しにより、表示が2回点滅。
その時の点灯状態を記憶できます。

SETボタンを1度押すと再生されます。
1メモリのみの記憶ですが、何度でも変更可能です。

まとめ

VLP-9000XとVLP-12500XPの比較をしながら
その違いをご紹介いたしました。
明るさの違い、色味の違いがありますので、
それぞれの特徴を生かして、
撮影や展示などシーンに合わせてお選びください。

レンタルはこちらから
VLP-12500XP
VLP-9000X