美しいぼけ味が楽しめる!ビデオカメラNEX-VG20Hのご紹介

NEX-VG10の後継機、NEX-VG20が入荷しました。

デジタル一眼がビデオカメラスタイルで楽しめるということで話題を呼んだこの機種ですが、今回はVG10、VG20でどんなことができるのか、そしてVG20になってどこが変わったのかを簡単にご紹介したいと思います。

01_VG20.jpg

特徴的なのが一眼のように被写界深度の浅い画が撮れ、今までのビデオカメラでは考えられなかった「ぼかし」の表現が豊かになったことです。

ドラマや映画でよく見るような表現がこのカメラでは簡単にできます。

02_a_bokasi.jpg

02_b_bokasi.jpg

ただし簡単にできる分、気づいたら全体がボケてしまった、他の被写体にピントが合っている、などの現象も起きやすいのがこのカメラの特徴です。

ある程度の知識や技術なども必要となってくるということを頭に入れておきましょう。


そしてもう一つの特徴は一眼のようにレンズを交換できるということ。

付属のレンズでも充分様々な画が撮れそうですが、レンズ交換によりトーンの違う画や様々な画角での撮影ができるようになるでしょう。

弊社ではVGシリーズ純正のEマウントレンズは扱っていませんが、マウントアダプターを使ってAマウントレンズを使うことが可能です。

03_mount.jpg

04_lens.jpg

詳しくはAマウントアダプター LA-EA1の対応機種をご覧ください。




最後にVG20になり新しく変わった点をご紹介します。

一見するとVG10も20もデザインは同じですが、中身は大きく変わりました。

業務用のNEX-FS100Jの登場でVG20はより一般向けになった気がします。

パネルを見てもメニュー画面はCX700とほぼ変わりません。

VG20(上)とCX700(下)のパネルの写真

05_VG20p.jpg

06_CX700p.jpg

画面はタッチパネルになり、かなり使いやすくなりました。

そして60p、24pのフレームレートが増えたことにより高精細な撮影やフィルム映画のような撮影もできるようになりました。

音の面でも通常の2chに5.1chのサラウンドが追加されよりクリアな音になりました。

機能的にもCX700に近い感じがしますね。

また、画素数が1420万画素から1620万画素に増えたことにより、ワイド端撮影時の焦点距離が付属のレンズで35mmカメラ換算で32.4mmから29mmになり、より広角になりました。

 

VG10のワイド端撮影(上)とVG20のワイド端撮影(下)

07_VG10_photo.jpg

08_VG20_photo.jpg

 

ただ、良いところだけではありません。

VG10には豊富にあった色合いの機能がかなりシンプルになりました。

ホワイトバランスは簡略化され、画質を変える機能はVG10にあった多彩にトーンを変えられるクリエイティブモードがなくなり、映画のような深い色合いを出すシネマトーンのみになりました。

(また、VG10、20と共通してNDフィルターやキャノン端子がなかったりと業務用カメラを使っている人には少し物足りないかもしれません。。。)

しかしその分、他のハンディカムにぐっと近くなり幅広くみなさんに使いやすいカメラになりました。

一眼スタイルの新しいビデオカメラをぜひお試しください!!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 美しいぼけ味が楽しめる!ビデオカメラNEX-VG20Hのご紹介

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.xn--kckc4d3a0dteqcrh4e.net/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする





PAGE TOP
Copyright (c) Video Apex Corporation, All Rights Reserved.