GoPro HD HERO2で撮る 迫力ある槍ヶ岳登頂のようす

今回は非常に小さくタフな作りながら、フルHDでの撮影が可能な「GoPro HD HERO2 アウトドアエディション」を紹介します。

gopro_01.jpg

記録メディアはSD/SDHCカード(最大32GB[Class6以上推奨])
モニターが無いので「ほんとにこれで記録できてるの?」と思ってしまいますが、映像は本体のミニHDMI端子から外部出力する事ができます。

弊社のレンタル商品であるこのアウトドアエディションには、ハウジングやバックル等の同梱物も非常に多くあり、どれがどれか分からなくなってしまいそうなので、まずは入念なリハーサルやテストを行う事をお勧めします。

 

使ってみた感想ですが、まず非常に小さくて軽いです。
実際に私が使用したのは、登山時で、本体の他にヘッドストラップとハウジングカバーくらいだったのですが、約2~3時間で大体の使用感と映り方はつかむ事が出来ました。

ズームやフォーカス等の細かい設定が出来ないので、逆に映りに関しては最初に「ここ」と決めて割り切って使用した方が良さそうかも知れません。
静止画に関しては、結局最後まで勘に頼るしかなかったです。。。

 

こちらが実際に登山時に記録した映像です。

http://youtu.be/jWJlgm_mGbI

 

この日は前日までの雨が嘘の様に晴れて絶好の登山日和、GoPro日和となりました。
やはり標高が高いところは太陽光が非常に強力で映像もきれいに映っていますね~。

しかし、最後まで見て頂くと分かるかと思いますが、気温差があるところで撮影すると非常に曇り易く、このGoProを使用して頂く際の大きな注意点の1つでしょう。
特に30分以上撮影をされる際には、細かく曇りをチェックした方が良いと思われます。

もし、ハードな使い方で、そんなに細かくチェックする事が難しいという事でしたら、水に濡れる心配が無ければ付属のオープンタイプバックドアを使用されるか、弊社レンタルのオプション品であるアンチフォグインサート(導入予定商品)をご使用ください。

これからの季節、スキーやスノーボード等で使用されると迫力ある映像を撮る事が出来るのではないでしょうか?

 

やはり特殊なカメラである事は間違いないので、実際にご自身で導入される前に是非弊社レンタル商品でテストしてみて下さいね。
使うのは年に1回だよーという方も是非レンタルをご利用下さい。

GoPro HD HERO2のレンタル

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: GoPro HD HERO2で撮る 迫力ある槍ヶ岳登頂のようす

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.xn--kckc4d3a0dteqcrh4e.net/mt/mt-tb.cgi/60

コメントする





PAGE TOP
Copyright (c) Video Apex Corporation, All Rights Reserved.