アツデン SMX-10のご紹介

近頃、一眼ならではのボケ味や色味に惹かれDSLR(=Digital Single Lens Reflex camera/デジタル一眼レフカメラ)で動画を撮影する人が増えてきました。
プロの世界でも映画やPV、テレビに至るまで一眼で撮影された映像を良く目にします。

しかし、音に関してあまり気にせず撮影すると、雑音や音質が気になってくると思います。

そこで今回は一眼の動画撮影で使えるショットガンマイク、アツデンのSMX-10をご紹介したいと思います。

azden-smx10-photo02.jpg

azden-smx10-photo01.jpg

マイクの真ん中には、収音場所に応じて低域をカットするローカットスイッチ、電源ONOFFのスイッチがあります。

azden-smx10-photo03.jpg

このSMX-10はステレオマイクなので、臨場感あふれるサウンドをハイビジョン動画とともに録音可能です。
出力端子はステレオミニジャックで、単4電池1本を使用します。
さらにこのマイクはカメラからマイクへ電源を供給できる「プラグインパワー」が搭載されているため、カメラ側がプラグインパワーに対応していれば、電池を入れなくても(電源をOFFにしても)使用できます。

他にも一眼ムービーのマイクとして使えるものとしてSONYのECM-CG50もあります。
こちらもプラグインパワーに対応し、カメラのシューに装着して使用することもできます。

azden-smx10-photo04.jpgのサムネール画像

なおステレオミニジャックによる音声入力を使いますと、カメラのマイクには音声は収録されません。ご注意ください。

一眼で動画を撮影される方はこのSMX-50やECM-CG50などの外部マイクを試してみてはいかがでしょうか!!

SMX-10のレンタル

ECM-CG50のレンタル

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アツデン SMX-10のご紹介

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.xn--kckc4d3a0dteqcrh4e.net/mt/mt-tb.cgi/65

コメントする





PAGE TOP
Copyright (c) Video Apex Corporation, All Rights Reserved.