絞りとシャッタースピードについて

デジタル一眼レフを使用する際、最も欠かせない大切なことに露出がありますが、その露出を決定するのが、絞り・シャッタースピードの関係です。

これをどう使うかによって明るさや画質が変わり、使い方によって色々な撮影が楽しめるはずです!!

今回は“露出を決定する、絞り・シャッタースピード” のそれぞれの特徴をご紹介したいと思います。

 

■ まず露出とは何? その特徴

露出とは簡単に言うと撮像素子やフィルムに光を当てることを言います。

ちょうどいい露出が出来れば、綺麗で適正な画像を 撮影することが出来るのです。

通常デジタル一眼レフカメラは適正露出機能というものがついているのでシャッターを押せば適正値を決めて撮影してくれます。

 

■ 絞りとは何? その特徴

“絞り” とは簡単に言うと光の通り具合を調整するものです。穴が開いた壁のようなもので、この絞りはレンズについています。

穴を大きくしたり小さくしたりすることで光のあたり具合を調整することが出来ます。

この穴を大きくすることを絞りを開ける、穴を小さくすることを絞り込むと呼びます。

ではこの“絞り” でどんなことが出来るかというと、絞りを開ければあけるほどボケが強くなります。

逆に絞りこむとシャープな写真の撮影することが出来るのです。

 

■ シャッタースピードの特徴と出来ること

シャッタースピードとは、絞りの穴を光を通る時間のことを言います。言い換えれば露出時間ということになります。

シャッターボタンを押すと一定時間、絞りの穴を通じて、撮像素子やフィルムに光が届きます。

その速度が速ければ速いほど光は少なく、長ければ長いほど光がたくさん届きます。

撮影する時間帯や被写体で変える必要があります。

そして露出は絞りの値とシャッタースピードと組み合わせによって決まります。

例えば、絞りの穴を面積で2 倍に大きくしても、シャッタースピードを2 倍早くすれば、撮像素子やフィルムに届く光の量は変わりません。

さらに言えば、絞りの穴を面積で4 分の1 に小さくしても、シャッタースピードを4倍遅くすれば、これも撮像素子やフィルムに届く

光の量は変わりません。

例として一眼レフカメラ等は、スポーツを撮影するときなどは、意図的に早いシャッタースピードを使用しますが、このとき絞りの面積は大きくする必要があります(レンズの開放値に近くなります)

絞りと、シャッタースピードの関係で、絞りを開ければあけるほどボケが強くなり、逆に絞りこむとシャープな写真の撮影することが出来る

このテクニックはよく知られているものですが、私も近くの公園で挑戦してみました。

 

小さい絞り値、速いシャッタースピード
 diaphragm-shutterspeed-01.jpg

シャッタースピードが速いため、水が止まっています。

絞り値が小さいため被写界深度が浅くなり背景はぼけて見えます。

 

大きい絞り値、遅いシャッタースピード
 diaphragm-shutterspeed-02.jpg

シャッタースピードが遅いため、水の軌跡が流れています。

絞り値が大きいため被写界深度が深くなり背景もピントが合って見えます。

 

露出補正

「露出補正」とは、カメラ決めた適正露出機能の露出値に対して、自分好みの明るさに微調整することです。

絞りの穴を面積で2 倍に大きくしても、シャッタースピードを2 倍早くすれば、撮像素子やフィルムに届く光の量は変わらないのですが絞りだけを半分にしたり2 倍にする、シャッタースピードだけを半分にしたり2 倍にすると、撮像素子やフィルムに届く光の量が

変わります、これが露出補正のしくみです。

このシーンは0 がちょうどよいと思いますが、明るめが好きな人は+1.0、暗めが好きな人は-1.0 がちょうどいいと感じるかもしれません。

写真の明るさの好みは人それぞれなのです。

diaphragm-shutterspeed-03.jpg

 

“シャッター速度、絞り、露出” すべてが適正になればキレイで明るい写真が撮れるはずです。

例えば十分に光が当たっていない状態で撮影すれば暗い写真になっていしまい、光を当てる時間が長いと白っぽい写真になってしまいます。これを露出アンダーと露出オーバーと言います。

といってもこれを楽しむのも露出の魅力のひとつで、わざと手動で暗くしたり・・・・明るくしたり・・・・

シャッター速度、絞り、露出この3 つの使い方でいろんな組み合わせで同じアングルでも違う表情の写真を撮ることができるのが

一眼レフカメラのおもしろいところですよね。

でもなかなか難しいのですが・・・・

扱いが自由に出来るようになるとより高難度の撮影が楽しめるはずです!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 絞りとシャッタースピードについて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.xn--kckc4d3a0dteqcrh4e.net/mt/mt-tb.cgi/83

コメントする





PAGE TOP
Copyright (c) Video Apex Corporation, All Rights Reserved.