ビデオミキサー V-40HD&V-4EXの比較

イベント等で複数のカメラやDVDプレイヤー、PCの映像を切り替えて使いたいという場合、みなさんビデオミキサーを思い浮かべると思います。
ビデオエイペックスでもビデオミキサーはもちろん取り扱っています。現状は、V-40HD・V-4EX・V-8、すべてRoland製で3機種のラインナップとなっております。

今回はこの3機種、主にV-40HD・V-4EXについての違い、特性について書いていきたいと思います。

videomixer_01.jpg

1.外観

外観で大きく差があるところは間違いなくV-4EXの本体モニターでしょう。
本体モニターがあるため、別にプレビューモニターを準備しなくても確認ができ、しかもこのモニターはタッチパネルになっており、映像端子の入力切替、画質設定等もできます。
一方、V-40HDはプレビュー、設定変更に外部モニターが必要となり、しかもプログレッシブ対応モニターじゃないと表示されないため(出力が1920×1080/60Hzの為)、V-4EXの方が使い勝手がいいのではないでしょうか。

2.V-40HDの性能

HDMI、RGB、コンポジットの3種類を4系統の各チャンネルに搭載しており、全てのHDMI入力で1080/60Pに対応しております。
これはインプット1.2.3.4のどのHDMIに入力してもほぼすべてのHDフォーマットを入力できます。カメラ、接続機器が変わればもちろんHDのフォーマットも変わってきますが、V-40HDなら入力可能です。
さらにHDCPも搭載しており、HDCPで暗号化された出力信号のスイッチング、合成が可能です。

HDCPとは・・・・

HDCPとはパソコンやブルーレイプレイヤー等からモニターやミキサー等の機器にデジタル信号を送受信する経路を暗号化し、不正コピーを防ぐ著作権保護技術です。
上記のようなHDCPで暗号化された出力信号はアナログ出力(コンポジット・RGB・USB)時には映像を出力することができませんので注意が必要です。
よってHDCP機器をミキサーに入力する際は出力もHDMIに限定されるので現場でケーブルを引き回す際は注意が必要になります。

ここまでくれば映像だけでなく音声も映像と一緒に切り替えたいですよね。
もちろんできます。
HDMI制御(入力、出力がHDMI接続の際)チャンネルを切り替えるたびにその入力信号の音声に切り替える事が可能です。さらにチャンネル別の音声ミキサー(簡易的な)も搭載しており、ディレイ等のエフェクトもかけらます。
アナログ音声入力端子も搭載しており、アナログで入力した音声を映像と一緒にHDMIアウト(デジタル)できるオーディオ・エンベデッド機能を搭載しています。

続いて出力端子ですが、HDMI、RGBが2チャンネル、コンポジット、プレビュー用(HDMI)があります。アウトプット1、2は同時出力可能なので出力先が2台ある現場では役に立つはずです。

あと上記に書きましたがプレビュー端子の出力が1920×1080/60Hz固定の為、使用するモニターはプログレッシブ対応のもの。と注意が必要です。

v-40hd_back.jpg

3.V-4EXの性能

本体に映像確認用の分割プレビューモニターが付いています。
これは現場ではかなり役に立ちます。操作卓にモニターがないだけでもかなりすっきりします。ですが小さな文字等は読みにくいので、映像によっては別途モニターがあった方がいいかもしれませんね。

HDMI、RGB、コンポジットにSビデオを含む4入力。
インプット1~3にHDMI映像入力(480/60P)コンポジット搭載。
インプット4のみHDMI・コンポジットのほかにRGB入力搭載。

※インプット4に限りスケーラーを搭載しており、480P以外の信号フォーマットを 480Pに内部変換します。

ここで注意が必要ですがHDMIの1~3は480P以外の信号を入力しても映像が映らないので、出力機器のHDMI出力設定を480Pに必ず設定すること。これがV-40HDと違いやっかいなところです。
なんでも入力できるV-40HDと比べると入力信号を選ぶHDMI端子じゃ個人的には窮屈な感じがします。

しかし、この機種もHDCP対応です。V-40HDと同じくHDCPで暗号化された出力信号のスイッチング、合成が可能です。
ブルーレイプレイヤー等のHDCP機器をHDMI接続する際にはHDCPをONにすれば入力可能です。
1~3チャンネルにHDMI入力したい時はカメラやプレイヤーの設定を480Pに変更すれば入力できます。

最近のブルーレイープレイヤーは本体メニュー画面からHDMIの出力設定が出来ますのでこれを480Pにしてやれば問題なく入力できます。
なおチャンネル4の端子だけは480P以外でも内部スケーラーを搭載してるので入力可能です。
音声に関してもV-40HDと同じようにHDMI入力時だと映像とともに音声を切り替えることができる「オーディオCHフォロー」搭載。

他にもアナログオーディオを入力しHDMIから音声出力できるオーディオ・エンベデッド機能も搭載しています。
出力端子に関しては、・HDMI・RGB・コンポジット出力搭載です。
V-40HDと比べるとアウトプットが1チャンネルしかないので複数の機器に映像出力の際は分配器等が必要になります。(2つ目の出力はプレビューアウトの為)

V-4EXは内部処理が(480P)で行われているため、HDMI入力も可能な、高画質SDスイッチャーとして考えればまだまだSD画質の現場の多い今の時代ではかなりすぐれものだと思います。

上記で記載したように同じ4チャンネルミキサーでも違いがあります。
主な用途としてはHDMI搭載カメラ等でフルハイビジョンスイッチングを使用したい現場ではV-40HDをアナログ・デジタルの入り混じる現場ではV-4EXという感じになりそうです。

v-4ex_back.jpg

4.V-8の性能

ちなみに完全なアナログミキサーである上記のV-8という機種もあります。こちらは8チャンネルの映像入力端子を搭載。(コンポジット・RGBの8入力・コンポジット×2・Sビデオの3出力)
こちらの機種はRGB入力した映像に対してコンポジット出力になるので結果映像がダウンコンバートされてしまい、若干映像が荒くなります。
それでもRGBが直接8入力できるのは心強いです。切替機器の多い現場では心強い機種となります。

v-8.jpg

以上が弊社で取り扱っているビデオミキサーとなります。
それぞれ特徴があり、接続機器に合わせて最適なミキサーをご選択下さいませ。 もちろんお電話またはメールでお問い合わせいただきましたらご使用方法に合ったミキサーをお勧めさせていただきます。

ビデオミキサーは下記よりご注文頂けます。
映像周辺機器、ビデオミキサーレンタルサービス
http://www.apex106.com/other/shuhen/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ビデオミキサー V-40HD&V-4EXの比較

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.xn--kckc4d3a0dteqcrh4e.net/mt/mt-tb.cgi/113

コメントする





PAGE TOP
Copyright (c) Video Apex Corporation, All Rights Reserved.