スーパースロー撮影がすごい!DSC-RX10M2の実力に迫る

今回はSONY サイバーショット DSC-RX10M2のご紹介です。
DSC-RX10M2は一眼レフでもミラーレスでもありません。レンズ一体型の高画質、高性能なネオ一眼カメラです。
付属レンズは「ZEISS Vario-Sonner T*」。35mm判換算24-200mmF2.8で、一体型ならではの明るい上に高倍率のズームレンズとなります。
最短撮影距離は3cm(広角端)、25cm(望遠端)でモード切り替えなしでマクロ撮影が可能です。
また、ボディが小型なのにも関わらず最高1/32000秒高速シャッター、有効画素数も約2020万画素、4K動画のSDカード記録や高画質スーパースローモーション撮影にも対応しています。
写真撮影も動画撮影もどちらも手軽に高性能を楽しめるカメラとなっております!

dsc-rx10m2_01.jpg dsc-rx10m2_02.jpg

ではさっそくDSC-RX10M2の最大の魅力とも言えるスーパースローモーションを撮影してみましょう。
今回のテーマは、以前から個人的に撮影してみたかった「ミルククラウン」です!

ミルククラウンの動画撮影に必要なものは、
・スローモーション撮影が出来るカメラ
・明るめで接写可能なレンズ
・照明
・三脚
・ミルクを落とす装置
といったところでしょうか...。カメラとレンズはDSC-RX10M2で大丈夫ですね!
今回はレンタルでも取り扱いのあるマンフロット三脚MK294A3-D3RC2を使用して、照明を使用せず、自然光の入る場所で撮影します。
またミルクを落とす装置の作成は難しいので、スポイトを使って手動でミルクを落としていきます。

ミルククラウン動画
12.1MB

ミルククラウンの形が少し崩れてはいますが、初めてのスローモーション撮影ながら個人的には大満足な動画が撮れました。
より綺麗な形のミルククラウンを作りたい場合は、スポイトを丁度良い高さで固定した方が良さそうです!興味のある方は是非試してみてください。

さて、ここからは簡単に撮影設定などを解説していきます。
DSC-RX10M2のスーパースローモーションには画質優先と撮影時間優先の2種類があります。
今回は画質優先で、撮影時間が約2秒間の設定で撮影しています。 撮影が2秒間でも、24Pで記録すると再生時には40倍の約80秒間のスロー動画となりますので、決して短いわけではありません。

下図の丸印が今回の撮影に使用した設定になります。
※記録はXAVC Sで24p 50M(1,920x1,080/960fps)となります。

dsc-rx10m2_setting01.gif dsc-rx10m2_setting02.gif

いや待って!画質を綺麗に保つなら2秒間!?そんな短い時間で取りたい瞬間をきちんとおさめられる訳ないよ!
なんて方も心配はいりません。
DSC-RX10M2のスーパースローモーション撮影には、MOVIEボタンを押すと記録を開始する「スタートトリガー」と、撮影したい部分が終わった後にMOVIEボタンを押す「エンドトリガー」があります。

dsc-rx10m2_trigger.gif

上の図のように「スタートトリガー」だとMOVIEボタンを押した瞬間から2秒間、またはもう1度MOVIEボタンを押すまで(2秒以内)が録画されます。
「エンドトリガー」の場合はMOVIEボタンを押した瞬間から2秒前までが録画されます。
この「エンドトリガー」を今回は使用して撮影しています。
ミルクが落ちたのを確認後にボタンを押すので、そこより前の2秒間で確実にミルククラウンの瞬間がおさえられるって訳ですね!

次は今回撮影してみて気付いた注意点を書いていきます。
スローモーション撮影時には録画終了後に毎回必ず動画の取込み処理があり、約1分程度の待ち時間が生じてしまいます。

dsc-rx10m2_kiroku.jpg

この待ち時間をキャンセルしてしまうと、せっかく撮影した動画はきちんと最後まで記録されません。
何度も高速で録画と停止を繰り返すような撮影は出来ないので注意しましょう。
また、DSC-RX10M2は防塵・防滴に配慮した設計にはなっていますが、完全な防塵・防滴ではありませんので、スーパースロー定番の水を使用した撮影時などは注意が必要です。

下の動画は「スタートトリガー」を使用して40倍スローで撮影したものです。
スローモーション撮影はISO感度を上げ過ぎるとノイズが目立ってしまうので、天気の良い日に外で撮影するのがお勧めです!

シャボン玉動画
17.0MB

昔は高額な大型カメラでしか撮影出来なかった高画質なスローモーションが、DSC-RX10M2を使うと簡単に撮影することが出来ました!
もちろん仕事用にも十分使えるクオリティで動画撮影が可能なカメラですので、ぜひレンタルで高性能を体感してみてください。

ソニー サイバーショット DSC-RX10M2 レンタルはこちらから

最後にDSC-RX10M2の高速シャッターやマクロ機能、ピクチャーエフェクトなどを使用して静止画も何枚か撮影したので載せておきます。

dsc-rx10m2_pic01.jpg

絞りF2.8 シャッタースピード1/5000 ISO1600  35mm焦点距離73mm

dsc-rx10m2_pic02.jpg

絞りF2.8 シャッタースピード1/100 ISO200  35mm焦点距離200mm

dsc-rx10m2_pic03.jpg

絞りF2.8 シャッタースピード1/100 ISO500  35mm焦点距離64mm ピクチャーエフェクト ポップカラー

dsc-rx10m2_pic04.jpg

絞りF2.8 シャッタースピード1/32000 ISO1000  35mm焦点距離76mm

dsc-rx10m2_pic05.jpg

絞りF2.8 シャッタースピード1/320 ISO100  35mm焦点距離37mm  ピクチャーエフェクト ポップカラー

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スーパースロー撮影がすごい!DSC-RX10M2の実力に迫る

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.xn--kckc4d3a0dteqcrh4e.net/mt/mt-tb.cgi/121

コメントする





PAGE TOP
Copyright (c) Video Apex Corporation, All Rights Reserved.