パナガイド~ワイヤレス送受信機セット~のご紹介

今回は弊社で取り扱っている【パナガイド】をご紹介したいと思います。

panaguide-01.gif

パナガイドとは?

パナガイドとは送信機・受信機で構成されたガイドシステムです。1台の送信機からの音声は、複数台の受信機で受信ができます。ガイドと言うだけあって受信機からの発信はできません。
また特定小電力ワイヤレスマイク専用周波数を使用した送信機と高感度受信機により構成され、プライベート・ビジネス・教育などいろいろなシーンで使用ができると思います。
なおパナガイドは無線免許等は不要です。

panaguide-03.gif panaguide-02.gif

使い方も簡単! !

受信機と送信機のダイヤルを同じ数字に合わせるだけで簡単に通信できます!

panaguide-04.gif panaguide-05.gif

実際にどういったシーンで使用できるの?

・多国籍言語での会議、プレゼンテーションの同時通訳
・美術館・ショールームなどの説明
・社員旅行・修学旅行など観光案内での使用
・工事現場・工場見学・野外実習など騒音が多い場所での使用
などといったシーンでの使用が考えられます。

パナガイドは直線で見通し距離50~60mの広いエリアで使え、(※到達距離は使用条件により異なります)最大6種類の周波数が使用でき、切換もダイヤルを合わせるだけなので誰でも簡単に操作できます。
2つのエリアで最大6チャンネルが使用ができるので様々な使用シーンに対応します。
また、本体は手のひらに収まるコンパクトサイズなので仕事の妨げにはならないのもいいですよね。弊社レンタルでは送信機・受信機に首からさげるストラップを付属しています。体を激しく動かす作業中でも確実に受信できます!

乾電池で動作するため、充電する必要もありません。
実際に乾電池でどれくらい使用ができるかと言うと、単三形乾電池2個で送信機は約15時間、受信機は約13時間の通信が可能です。

また、パナガイドは300MHz帯の周波数なので、一般的なカメラ用のワイヤレスマイクなど800MHz帯のマイクとの混線の心配がないのもポイント。さらに1台の送信機に対して受信機の数の制限はないため、受信機のレンタルも必要台数でお申込み可能です。

次に使用時の注意点も少し説明をしておきたいと思います。
まずパナガイドは、壁や衝立などの障害物がある場所では使用することができません。見通しのよい場所で使ってください。

2つのエリアで最大6チャンネル使用ができますが、6チャンネルを混線することなくクリアに使用するには、下図のようなch1~ch4、ch5~ch6の2エリアに分けたシステム構築をお勧めします。
同じエリアで6チャンネル同時に使用すると混線する恐れがありますのでご注意ください。
なお、複数台の送信機に設定された同チャンネルを、受信機ですべて受信することはできません。つまりパナガイドで受信できるのは、送信機1台、すなわち1人の送信者の声のみです。
もちろん受信者からの返信もできません。

panaguide-06.gif

クリックで拡大

パナガイドは教育現場・観光地・国際会議など幅広いシーンで使用することができます。また、何と言ってもチャンネルを合わせるだけで誰でも簡単かつ気軽に使用できるのもいいですよね。

実は・・・実際に社員旅行で行った伊勢神宮でガイドさんの説明を聞くのにスタッフ全員で使用してみました。
観光地なだけに人も多く屋外だったのですが、離れたガイドさんの声もクリアに聞きとることができてコレは使える!!と実感しました。
皆さんも機会があれば是非レンタルして使ってみてください。オススメです!

レンタルのお申し込みは以下からどうぞ!
パナガイド ワイヤレス送受信機セットのレンタル(今回ご紹介の機材)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: パナガイド~ワイヤレス送受信機セット~のご紹介

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.xn--kckc4d3a0dteqcrh4e.net/mt/mt-tb.cgi/110

コメントする





PAGE TOP
Copyright (c) Video Apex Corporation, All Rights Reserved.